2009年11月03日

病気、怪我を考えての見直し

生命保険に加入する理由として最も多いのは、死亡保障だけでなく、死亡保障と入院治療の保障をして欲しいというものかと思います。
その為、生命保険には単純に死亡の補償だけでなく、医療保険の内容が付随するケースがほとんどです。
そして、この医療保険の範疇に関して、見直しする事例がかなり多く見受けられます。

主な見直しの事例としては、死亡保障のみ加入していた人が、医療保障を付加するというものですね。
というのも、医療保障は比較的安価で加入できるからです。
入院費用というのは、1日1万円出れば十分対応可能ですが、それくらいの保険金であれば、保険料は高くても月3,000円、安ければ1,000円台で加入できます。
そういった気軽に加入できる保険だからこそ、生命保険のプランの一環として加入する人が多いのです。

怪我や病気に一生全く縁がないという人はまずいないですよね。
入院に関しても、一度くらいは経験する可能性が高いと言えます。
ただ、老後に入院するのは確率的に非常に高いですが、若い頃にはそれ程お世話になる機会がないと考えている人も多いようです。
その為、当初は死亡保障のみの生命保険加入を行う人が多いようです。
そういった人が医療保障の保険料の安さを知り、ある程度収入が安定したところであらためて見直しを行い、医療保障をつけるという事例が多く見受けられます。

医療保険は、生命保険とセットで加入するのが一番お得です。
できれば、はじめのうちからプランの中に加えておくことをお勧めします。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

女性ならではの見直し

生命保険の中には、女性専用の保険もあります。
これは、比較的最近生まれた分野と言って良いでしょう。
その為、女性で生命保険に加入していた人の多くは、見直しを行い、改めて女性専用の保険に加入するという事例が結構発生しています。
実際、女性の生命保険の見直し事例の多くは、この女性専用保険への加入に関するものです。

基本的には、1人暮らしの女性をサポートするという性質の保険です。
家族を持っている女性の場合は、ファミリー保険など、他の選択肢がいくつかあるからです。
とはいえ、奥さんの為に女性保険について調べるという事例もあり、必ずしも1人暮らし専用というわけではないようです。

この女性専用の生命保険の最大の特徴は、女性ならではの病気に対しての保障が手厚い事です。
具体的に病名をいうと、乳がん、子宮がんですね。
特に重要なのは乳がんです。

乳がんになった場合、早期発見であれば治る可能性が高い一方、乳房をそのまま残すのは莫大な費用を要します。
というのも、乳房を残す為の治療は、健康保険がきかないからです。
国が、乳房を残す為の治療は贅沢であると判断しているからです。
その為、もしそういった手術を受けるとなると、通常のがん治療以上に大きな費用がかかる事は間違いありません。

こういった病気から女性を守る為、女性専用の生命保険というものが確立しています。
特に若い女性には需要が大きいようで、見直し事例は今後も増えていく事になるでしょう。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

子供のいる家庭の見直し

生命保険の見直し事例としては、子供が生まれた場合というのが大きなきっかけとなるケースが目立ちます。
子供が生まれた後、その子供に対して生命保険の受取人になるよう生命保険の見直しを行う事例が多いようです。
また、生命保険の中の一種、こども保険、学資保険といった保険に改めて加入するという事例も多いですね。
現在の契約を見直し、子供の為に・・・というのが、多くの親の希望となっているようです。

こども保険は、子供に万が一の事があった時・・・の為の保険と考えている方もいるでしょうが、それはこの保険の本文ではありません。
確かに、子供が亡くなった場合も保険金はおりますが、そもそも子供が亡くなったとしても、経済的な負担はさほどなく、保険で保障すべき項目とはいえません。
よって、子供の死亡保障としての面はほとんど考慮しなくて良いでしょう。
ただ、重度の障害を抱えてしまうケース、事故で後遺症を負ってしまうケースというのも考えられ、そのあたりの保障については考える必要があるでしょう。

こども保険、あるいは生命保険の学資保険は少し加入しにくい面があります。
学費の積み立てとして考えると、やや弱い保険です。
親に万が一の事があった場合のその後の学費を保障する保険と考えた方が良いでしょう。
ただ、その場合もあまり大きな効果のある保険とは言いがたいというのが実情です。

今後、このこども保険については、各会社で見直しを行う必要があるかもしれません。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。