2009年11月03日

社会人になって直ぐの見直し

生命保険の見直しを行うタイミングというのは、人生の中で何度もあります。
ただ、最初に加入するタイミングというのは、総じて「社会人になってすぐ」ではないでしょうか。
企業に就職する場合、社会保険への加入を義務付けるところは結構あります。
その時に、生命保険も間違いなく勧められます。
そこで加入するという人がかなり多いのではないでしょうか。

ただ、そういった際に勧められる保険というのは、総じて自身の身の丈に合わない高額な保険であることが多いようです。
何も考えずにこの時点で加入した場合、自分の収入から引かれる保険料に愕然とするのではないでしょうか。
その為、生命保険の見直し事例としては、「社会人になって生命保険に加入したすぐ後」のタイミングで行われる事が結構多かったりします。

生命保険の見直し事例として、この時期に多いのは、当然保険料の安い会社への乗り換えですね。
最初に勧められた保険ではとても生活ができない、あるいは遊ぶお金が作れない等の理由で、乗換えを行う事例が多く見受けられます。
まだ若いこの時期には、生命保険に対しての意識も薄いため、とりあえず加入はしたけど、やっぱり自動車保険や損害保険を手厚くしたい、と考え直す人も多く、そういった変更を行うという事例もよく見られますね。

いずれにせよ、この社会人になってすぐというタイミングでは、非常に多くの人が保険に対して色々考える事になるかと思います。
そういう意味では、絶好の見直しの時期ともいるでしょう。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

老後を考えての見直し

生命保険は、命の消失を考え、その消失によって周囲に与える影響を最小限に抑える為の保険ともいえます。
その為、命が終える可能性が高くなればなるほど、生命保険というものに対しての意識、ひいては見直し事例というものが増えてきます。
高齢になるにつれ、生命保険が他の保険以上に重要視されてくるのです。

ただ、年を取ってから見直しというのでは、いささか遅い場合もあります。
重い病気を患ったりした場合、あるいは年齢的を重ねていった場合、条件によっては加入できない保険が増えてくるからです。
会社によって、あるいはプランによってそういった条件は変わってきますが、基本的には病巣を抱え、年齢を重ねるという事は、加入できる保険の数が減っていく事に繋がると考えていいでしょう。
つまり、老後に見直しをしても遅いという事です。
となれば、当然老後の前、若年、中年と呼ばれる時期に老後を考えて生命保険の見直しを行うべきという事になります。

ただ、老後を見据えるのは良いとして、自分が死ぬことを前提とした見直しを行うというのは、あまり気が進みませんよね。
実際、その抵抗感からか、若年層の生命保険見直し事例というのは、比較的少ないと言えます。
しかし、そういった周りの事例の数に惑わされず、しっかり見直しをして、自分と自分の老後に最適な保険を探す事が大事なのです。

多くの家庭に見られる事例として、仕事一筋で生活してきた一家の主が、いざ定年を迎えて今の保険が満期を迎えた時、次に入る保険が見つからなかった、なんて事が非常に多く見受けられます。
仕事に精を出すあまり、家庭はもちろん、自分の保険に対しての知識もつけなかった結果、自分の年齢では入れる保険はもうない、ということに気が付かないまま定年を迎えるという事例はとても多いようです。
特に、伴侶を亡くした後によくそういった事が起こり得ます。
その時になって後悔しないよう、保険の見直しは早いうちにすべきなのです。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

命を考えての見直し

生命保険というのは、基本的には死を保障する為の保険です。
言い換えれば、命を保証する為の保険でもあります。
その為、死亡保障だけでなく、命を守る為に必要な費用を保険金として支払う保険でもあるのです。

こういった生命保険は、しばしば道徳的な観点からあまり語る事をはばかれる事があります。
極端な例を言えば、高齢の方に対して「生命保険を見直しして、より高い保険金が出る会社にしない?」と聞くというのは、あまりにも非人道的ですよね。
ここまで極端ではなくとも、生命保険をかける、加入するという事に抵抗を感じる人は少なくないでしょう。
また、若い内には自分が死ぬという事を想定したり、考えたりする事はあまりありません。
死が身近なものではないのです。
その為、生命保険に加入するという事に抵抗を覚える人は少なくないようです。

そういった人達でも、何らかのきっかけで命に対して考えを変える事があると、生命保険の見直しを行うという事例は非常に多く見受けられます。
死を受け入れる、あるいは自分が死んだ時に周囲に迷惑を掛けたくないと考えるようになった人は、自ずと生命保険というものの意義を見出す事ができるからです。
生命保険は、高齢になればなるほど、見直しをしたいという気持ちが増幅していく傾向にあるのです。

見直しの事例としては、金額面でのものも少なくはありません。
保険料と収入の兼ね合いで、高齢になるにつれて安い保険にシフトしていくというのがよく見られる事例です。
また、基本的に死亡保障を外すということは考えない保険ですから、特約に関する見直しなどの事例も多いですね。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。