2009年11月03日

マイホーム購入時の見直し

家族を持った男性の夢。
それは、やはりマイホームの購入でしょう。
今はマンションの購入という選択もだいぶ増えてきており、それも選択のひとつとして十分魅力的ではありますが、男としてはやはり一国一城の主を目指したいところです。
その為には、一戸建ての住宅をドーンと購入したいところですよね。

実際、多くの人がその夢を実現させています。
とはいえ、それはとても容易なことではありません。
ほとんどの人は、何十年も払い続ける住宅ローンを組み、その為に働くという図式で購入しています。
つまり、マイホームを購入した時点で、ある意味人生の大半の目標はかなえられ、残りはその代価を支払う生活になっていくということになります。
しかし、それでも夢をかなえようと、あるいはかなえた夢を守ろうと、男たちは必死になって働き続けるのです。

というわけで、マイホームを購入すると、当然住宅ローンというものが家庭の経済大きくのしかかってきます。
生命保険の見直し事例として、このタイミングで見直しをする事例はかなり多いようです。
実際、住宅ローンを組むということは、それだけのお金が月々消えていくということで、生活費から削れなければ、保険から削ることになるのです。

また、住宅ローンを組む場合は、必然的に火災保険に加入することになります。
そこで、生命保険を乗り換える、あるいは一部解約を行うなどの見直し事例が発生するわけです。
住宅ローンを組む場合、基本的には団体信用生命保険に加入することになります。
そちらに乗り換えるケースというのも、非常に多いようです。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

子供が生まれてからの見直し

生命保険に限らず、結婚の次に保険の見直しを行うタイミングとしては、子供が生まれた時になることがほとんどでしょう。
子供が生まれると、世帯主にかかる負担は一気に大きくなります。
責任も重大です。

夫婦だけの家庭と、子供が生まれた家庭では、経済的な状況も一変します。
子供が生まれれば、当然夫婦共働きというのは難しくなり、夫の稼ぎがそのまま収入のすべてとなるケースがほとんどなので、必然的に収入は下がってきます。
もともと専業主婦という家庭であれば、収入減とはなりませんが、子供の養育費は当然かかります。
そういった金銭面の問題で、まず保険を見直しする必要が出てくるでしょう。

生命保険の場合、こども保険というものがあります。
このこども保険に加入する、という見直しも、事例としてはよくあります。
ただ、子供に対しての保険よりは、やはり世帯主、つまり収入源となっている夫の死亡保障を手厚くする事例が一番多いようですね。
基本的に、子供が生まれると、その時点で夫が大黒柱となり、収入を得ていくことになります。
その夫に万が一の事があれば、子供を育てていくのは非常に困難です。
その為、その万が一に備えるという事例が多いのは当然のことといえるでしょう。

こういった事例は、生命保険の本分と言って良いかと思います。
重い命、重い責任に対して、それを保障する生命保険は、このような弱者を守るためのものであるべきですから。
子供の為にも、できれば生命保険はこのタイミングで加入しておいたほうが良いでしょう。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

結婚してからの見直し

生命保険の見直し事例として一番多いのは、もしかしたら結婚した時かもしれません。
結婚というのは、すなわち家庭を持つ事と同義です。
自分の家庭を築いたならば、生活習慣というのは一変して然るべき。
つまり、各種保険、そして生命保険の見直し事例が多くなるのは必然といえます。

特に、家族を持つ事で住宅ローンを組む人は多くなりますよね。
その為、住宅ローンとの兼ね合いという点も考慮しなくてはならなくなります。
医療保険も優先的に加入したくなる時期でもあります。
生命保険には医療保障が付くタイプのものも多いので、そちらを優先的に加入するという事例もある程度見受けられますが、この時期は生命保険より医療保険のほうを優先する家庭が多いようですね。
医療保険にも死亡保障が付くタイプ、特約で付けられるプランはたくさんあるので、生命保険はそっちで賄うというケースが多いようです。

いずれにしても、結婚というのは全ての生活習慣を見直すタイミングですよね。
その中で、生命保険は優先順位がやや低くなる傾向が見受けられます。
ただ、それはそれで構わないかと思います。
若いうちから生命保険のプライオリティを高めに設定する必要はありません。
結婚後も、保険を見直す機会はたくさんあります。
その時期にまた、生命保険というものに対して改めて考えればそれでいいのです。
無理に若いうちから命について考え、死亡保障を手厚く・・・とする必要はありません。

ただ、重要なのは、結婚した事で、自分ひとりの身体ではなくなったという事実です。
相談すべき相手ははっきりしているので、しっかり相談した上で見直しをするようにしましょう。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。