2009年11月03日

保険の解約をする場合

人生の中で、生命保険の見直しを行うタイミングは非常にたくさんあります。
その事例ひとつひとつには、保険を解約するという選択肢が含まれています。
その解約は、たとえばもう保険料を払うのが困難となったという事例もあれば、もう自分には必要なくなったという場合、あるいは別の会社に乗り換える為の解約という事例もあるでしょう。
いずれにしても、生命保険というのは、特に見直しする機会が多い保険と言えます。

そんな中で、解約することになった場合、どんな手続きが必要なのでしょう。
基本的には、その会社に対し、解約の意思を伝えることになります。
ただ、普通に解約したいというだけでは、解約できないケースも多々あります。
しっかりとその理由を提示する必要があるでしょう。
その理由が正当であれば、後は事務処理のみです。
指示に従って書類を作成し、それを保険会社に送り、解約手続きを進めていくことになるでしょう。

生命保険を解約するということは、その時から死亡、もしくは大きな病気に対しての保障がきれいさっぱりなくなるということです。
当然、解約後すぐにがんや心臓病にかかったとしても、保障されることはありません。
そのリスクをしっかり踏まえた上で見直しを行い、解約に踏み切る必要があります。

そして、もうひとつ大きなリスクとしては、基本的に生命保険の場合、積み立てではないので、支払ってきた保険料はほとんど返ってきません。
配当付きの場合は配当金、契約によっては解約返戻金が戻ってきますが、いずれもそれほどの額にはならないでしょう。
中には、解約返戻金で一定期間以上契約が続けば、かなりの額が保障されることもあります。
とはいえ、基本的にはそこまで条件の良いースは少ないようです。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。