2009年11月03日

マイホーム購入時の見直し

家族を持った男性の夢。
それは、やはりマイホームの購入でしょう。
今はマンションの購入という選択もだいぶ増えてきており、それも選択のひとつとして十分魅力的ではありますが、男としてはやはり一国一城の主を目指したいところです。
その為には、一戸建ての住宅をドーンと購入したいところですよね。

実際、多くの人がその夢を実現させています。
とはいえ、それはとても容易なことではありません。
ほとんどの人は、何十年も払い続ける住宅ローンを組み、その為に働くという図式で購入しています。
つまり、マイホームを購入した時点で、ある意味人生の大半の目標はかなえられ、残りはその代価を支払う生活になっていくということになります。
しかし、それでも夢をかなえようと、あるいはかなえた夢を守ろうと、男たちは必死になって働き続けるのです。

というわけで、マイホームを購入すると、当然住宅ローンというものが家庭の経済大きくのしかかってきます。
生命保険の見直し事例として、このタイミングで見直しをする事例はかなり多いようです。
実際、住宅ローンを組むということは、それだけのお金が月々消えていくということで、生活費から削れなければ、保険から削ることになるのです。

また、住宅ローンを組む場合は、必然的に火災保険に加入することになります。
そこで、生命保険を乗り換える、あるいは一部解約を行うなどの見直し事例が発生するわけです。
住宅ローンを組む場合、基本的には団体信用生命保険に加入することになります。
そちらに乗り換えるケースというのも、非常に多いようです。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。