2009年11月03日

子供が生まれてからの見直し

生命保険に限らず、結婚の次に保険の見直しを行うタイミングとしては、子供が生まれた時になることがほとんどでしょう。
子供が生まれると、世帯主にかかる負担は一気に大きくなります。
責任も重大です。

夫婦だけの家庭と、子供が生まれた家庭では、経済的な状況も一変します。
子供が生まれれば、当然夫婦共働きというのは難しくなり、夫の稼ぎがそのまま収入のすべてとなるケースがほとんどなので、必然的に収入は下がってきます。
もともと専業主婦という家庭であれば、収入減とはなりませんが、子供の養育費は当然かかります。
そういった金銭面の問題で、まず保険を見直しする必要が出てくるでしょう。

生命保険の場合、こども保険というものがあります。
このこども保険に加入する、という見直しも、事例としてはよくあります。
ただ、子供に対しての保険よりは、やはり世帯主、つまり収入源となっている夫の死亡保障を手厚くする事例が一番多いようですね。
基本的に、子供が生まれると、その時点で夫が大黒柱となり、収入を得ていくことになります。
その夫に万が一の事があれば、子供を育てていくのは非常に困難です。
その為、その万が一に備えるという事例が多いのは当然のことといえるでしょう。

こういった事例は、生命保険の本分と言って良いかと思います。
重い命、重い責任に対して、それを保障する生命保険は、このような弱者を守るためのものであるべきですから。
子供の為にも、できれば生命保険はこのタイミングで加入しておいたほうが良いでしょう。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131949619

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。