2009年11月03日

結婚してからの見直し

生命保険の見直し事例として一番多いのは、もしかしたら結婚した時かもしれません。
結婚というのは、すなわち家庭を持つ事と同義です。
自分の家庭を築いたならば、生活習慣というのは一変して然るべき。
つまり、各種保険、そして生命保険の見直し事例が多くなるのは必然といえます。

特に、家族を持つ事で住宅ローンを組む人は多くなりますよね。
その為、住宅ローンとの兼ね合いという点も考慮しなくてはならなくなります。
医療保険も優先的に加入したくなる時期でもあります。
生命保険には医療保障が付くタイプのものも多いので、そちらを優先的に加入するという事例もある程度見受けられますが、この時期は生命保険より医療保険のほうを優先する家庭が多いようですね。
医療保険にも死亡保障が付くタイプ、特約で付けられるプランはたくさんあるので、生命保険はそっちで賄うというケースが多いようです。

いずれにしても、結婚というのは全ての生活習慣を見直すタイミングですよね。
その中で、生命保険は優先順位がやや低くなる傾向が見受けられます。
ただ、それはそれで構わないかと思います。
若いうちから生命保険のプライオリティを高めに設定する必要はありません。
結婚後も、保険を見直す機会はたくさんあります。
その時期にまた、生命保険というものに対して改めて考えればそれでいいのです。
無理に若いうちから命について考え、死亡保障を手厚く・・・とする必要はありません。

ただ、重要なのは、結婚した事で、自分ひとりの身体ではなくなったという事実です。
相談すべき相手ははっきりしているので、しっかり相談した上で見直しをするようにしましょう。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131949618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。