2009年11月03日

保険の組み換えや転換をする場合

生命保険の見直し事例で一番多いのは、組み換えではないでしょうか。
生命保険は、基本的に命の保障、すなわち死亡保障を行う保険です。
その為、フォロー範囲は狭いといわざるを得ない保険です。
そこで、非常に多くの特約が用意されているのが、この生命保険の特徴と言えます。
こういった特約を途中で変更するというのが、見直し事例ではよく見受けられます。

また、同様に定期保険を終身保険に切り替えるなどの組み替えもよく見られます。
これは、基本的に定期付終身保険の場合に行われる見直し事例ですね。
定期付終身保険の場合、定期保険部分と終身保険部分の金額をそれぞれあらかじめ設定していますが、組み換えによってその配分の変更が可能となります。
たとえば、それまで定期保険部分にかけていたお金を減額し、変わりに終身保険部分を増額するということもできるのです。
ただし、保険料が上がるケースも多々あります。

また、保険の契約転換を行う事例もよく見られます。
これは、いわゆる乗り換えというもので、保険会社の変更を行うという意味のものです。
長年保険に加入していると、今契約している保険会社と比較し、保障範囲は同じで保険料が安いというケースが出てくる事はよくあります。
その時に保険の見直しを行い、そして転換を行うという事例は結構多く見受けられます。
ただ、この転換は新たに加入する際に発生する責任準備金、あるいは雑費といったものが結構かかるため、結果的には存するというケースも多いようで注意が必要です。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(1) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

保険の解約をする場合

人生の中で、生命保険の見直しを行うタイミングは非常にたくさんあります。
その事例ひとつひとつには、保険を解約するという選択肢が含まれています。
その解約は、たとえばもう保険料を払うのが困難となったという事例もあれば、もう自分には必要なくなったという場合、あるいは別の会社に乗り換える為の解約という事例もあるでしょう。
いずれにしても、生命保険というのは、特に見直しする機会が多い保険と言えます。

そんな中で、解約することになった場合、どんな手続きが必要なのでしょう。
基本的には、その会社に対し、解約の意思を伝えることになります。
ただ、普通に解約したいというだけでは、解約できないケースも多々あります。
しっかりとその理由を提示する必要があるでしょう。
その理由が正当であれば、後は事務処理のみです。
指示に従って書類を作成し、それを保険会社に送り、解約手続きを進めていくことになるでしょう。

生命保険を解約するということは、その時から死亡、もしくは大きな病気に対しての保障がきれいさっぱりなくなるということです。
当然、解約後すぐにがんや心臓病にかかったとしても、保障されることはありません。
そのリスクをしっかり踏まえた上で見直しを行い、解約に踏み切る必要があります。

そして、もうひとつ大きなリスクとしては、基本的に生命保険の場合、積み立てではないので、支払ってきた保険料はほとんど返ってきません。
配当付きの場合は配当金、契約によっては解約返戻金が戻ってきますが、いずれもそれほどの額にはならないでしょう。
中には、解約返戻金で一定期間以上契約が続けば、かなりの額が保障されることもあります。
とはいえ、基本的にはそこまで条件の良いースは少ないようです。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

離婚、辞職時の見直し

人生、いいこともあれば悪いこともあります。
成功もあれば失敗もあるのが、世の常というものです。
中には、結婚して幸せな家庭を築いた人もいますし、その幸せが長く続かなかった事例もあるでしょう。
また、一生懸命働いていても、リストラという憂き目にある人も、今の時代少なくありません。
そういった悪い状況に陥った時も、生命保険の見直しのタイミングとなります。

よく見られる見直しの事例としては、離婚した場合の妻側の解約です。
家族で加入している場合、配偶者の支援がなくなる、もしくは少なくなるわけですから、生命保険が削られるのは致し方ないところです。
独り身となった夫が解約する事例も多々見受けられます。
離婚は、基本的には生命保険の解約のタイミングと言って良いでしょう。

また、会社を辞めた時も同様です。
失業手当がついたとしても、その手当が支給される期間中に次の仕事を見つけなければなりませんが、そう都合よく見つかるとは限りません。
そうなってくると、真っ先に生命保険が解約ということになりやすいですね。
保険全体の見直しを行った場合、生命保険と自動車保険が最初に削られることになるケースが多いようです。


いずれにしても、不本意な決断であることは変わりありません。
もしこの状況で大きな病を患ってしまい、入院するなどという事になれば、目もあてられないでしょう。
こうなった場合は、一刻も早く保険を再び見直しできる環境を作りたいものです。
posted by 生命保険 at 20:00 | TrackBack(0) | 生命保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。